プジョー e-208、SUV e-2008をお使いの方にむけた充電方法に関するご注意点とFAQ

e-208、SUV e-2008の急速充電について

  • CHAdeMOの高出力充電器対応について
    e-208、SUV e-2008に関してはCHAdeMO 1.0の急速充電器に対応しています。(CHAdeMO 1.2の50kWオーバーの出力では充電は可能ですが、充電時間の大きな短縮は望めません)
  • e-208SUV e-2008の充電ポートにある「充電予約ボタン」について  
    急速充電時には予約機能はありません。また、トラブルが発生する可能性がありますので、急速充電時には「充電予約ボタン」は絶対に押さないで下さい。急速充電のスタート&ストップは、必ず急速充電器側の指示で急速充電器で行って下さい。

    e-208、e-2008のCHAdeMO充電
    e-208、e-2008の充電ボタン
    ※画面緑の枠の内側部分、時計マークが充電予約ボタンです。写真ではCHAdeMO急速充電中です。
  • e-208、SUV e-2008の急速充電の充電時間
    50kW急速充電時に80%充電に約50分とご案内しています。ただ、これは充電時の気候などにも左右されます。またメーターには100%充電までの残り予想時間が表示されますので、50分を大きく上回る時間となります(97〜99%のまま長い時間を要することになります)。
     
  • 急速充電での100%充電
    80%以上の充電をするには、充電時間が大幅に長くなります。97〜99%のまま長い時間を要することになりますが、これはリチウムイオンバッテリーに共通する特性であり、バッテリーの保護のためです。急速充電での100%充電は充電時間、バッテリーのコンディションと寿命にとって効率が悪く、非推奨です。プレスリリース、カタログなどで急速充電の充電時間データが80%基準の表記になっているのはこのためです。

e-208、SUV e-2008の普通充電について

普通充電の充電時間
50km走行分の普通充電時間(目安)について、ご案内済みの数値を以下のとおり変更します。
3kw : 約3時間 (旧案内約4時間)
6kw : 約1.5時間(旧案内 約2時間)
※気候、車両の条件に関係し、一律ではありません。

e-208、SUV e-2008の走行可能距離について

  • メーター内の走行可能距離
    過去の走行状況を元に計算された見込み値となりますので、気候、使用状況やクルマの個体により一律の表記になりません。ほぼ満タンの状態でおよそ300~320kmを表記します。
  • e-208、SUV e-2008の実際の走行可能距離について
    ドライビングや走行環境、気候などに左右されます。Bモードを使用したり、回生ブレーキ状態が続くと、走行可能距離が伸びる場合もあります。一概にいえませんが、例として以下を参考ください(上記条件により差が出ます)。高速道路を中心に走行して平均速度90km/h、エコモード、エアコン作動、外気温約25度で300km程度です。
  • e-208、SUV e-2008の各モードによる走行可能距離の違いについて
    センターコンソールにあるモードセレクターで選択するモードにより、走行可能見込み距離が変わります(変動範囲はおよそ±3〜5%)。スポーツモード →ノーマルモード→ エコモードの順で走行可能見込み距離は伸びます。
  • e-208、SUV e-2008が低充電状態の場合
    バッテリーが減り、充電残量10%前後になると「バッテリー残量低」という警告がメーター内に表示されるようになります。その時の走行可能距離は走行履歴にもよりますが10~30km程度となります。警告が出た場合、早めの充電をお勧めします。

その他e-208、SUV e-2008の充電に関してFAQ


Q:充電中にエアコンやオーディオは使えますか?ドアの開閉はできますか?
A:可能です。充電に際しアクセサリー、エアコン、オーディオなどの使用、ドア開閉は影響はありません。
 
Q:他社の充電ケーブルは使えますか?
A:保証対象外となります。e-208、SUV e-2008の車輌に標準搭載されている充電ケーブル(標準スペック:3kW 200V 15A 7.5m)を使用して下さい。他社のものは充電できたとしても保証対象外となります。また、100Vのコンセントで充電しないで下さい。

Q:雨の日に屋外の充電施設で充電できますか?充電コネクターなどが雨で濡れるので心配です。
A:充電可能です。ただし、安全のため濡れた手で充電コネクターや電源プラグを抜き差ししないでください。コンセント、充電コネクター、電源プラグなどが濡れている場合、乾いた布などで水分をふき取ってから充電してください。
 
Q:航続距離を伸ばすための走りのコツを教えてください。
A:以下のことを心がけてください。
・連続した高速走行や、急な加速の繰り返しを避ける。
・スピードは控えめで、法定速度で走行する。
・冬季は、プリコンディショニングやシートヒーター(SUV e-2008 GT Line)を使用して暖房の電力消費を抑える。※eRemoteControlによるプリコンディショニング機能は、充電中に車輌室内を温めることで車輌側バッテリーの消費を抑えるためにあります。
・エコモード、Bモード(=回生ブレーキ強)を駆使して運転する。
・心穏やかに運転する。
 
Q:電気自動車の補助金や自動車諸税の減免に関して教えてください。
A:一般社団法人 次世代自動車振興センターによるCEV補助金(Clean Energy Vehicle補助金)の他に、エコカー減税・グリーン化特例による自動車税・環境性能割・自動車重量税の免税があります。また、自治体などの補助金や追加の自動車税の減免制度などがあります。詳しくは一般社団法人 次世代自動車振興センターウェブサイトをご覧下さい。http://www.cev-pc.or.jp/local_supports/chuo.html
 
Q:CEV補助金(Clean Energy Vehicle補助金)を適用した場合、売却時に返金しなければいけませんか?
A:登録から4年以内に車両を売却する場合は返金が必要です。その場合、事前に財産処分申請を行い、査定額に応て補助金の返金が必要となります。詳しくは一般社団法人 次世代自動車振興センターウェブサイトをご覧ください。http://www.cev-pc.or.jp/local_supports/chuo.html
 
Q:実際にe-208、SUV e-2008を所有した場合、どのくらいの電気代がかかりますか?
A:e-208で月間1000kmをJC08モード(403km)の80%走行(322km)が出来ると仮定した場合、概算で4,520円となります。単純な燃料代としての比較をする場合、およそ半分となります。

  • BEV(バッテリーEV)→電気料金27円/kWh × 3kW × 18時間 ×3.1回分満タン= 4,520円
  • ICE(内燃機関、ここではガソリンエンジン)→ハイオクガソリン150円 × 64L(JC08モードの80%、15.6km/ℓで計算) = 9,600円

電気料金は、契約しているアンペア数と使用量によって基本料金と電力量料金(単価)が変わってきます。また、夜間料金の体系など、各家庭の契約・使用状況により異なります。ご契約の電力会社のウェブサイトおよび契約状況をご確認ください。
 
Q:e-208、SUV e-2008などのBEVはエンジンやトランスミッションがないので定期的なメンテナンスは不要と聞いたのですが本当ですか?
A:いいえ。ICE(内燃機関=ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジン)にくらべ少ないとはいえモーター、サスペンション、冷却装置などのメカニズムに関して定期的なメンテナンスや点検が必要です。法定点検や、プジョーの定めたメンテナンスサイクルに従ってお求めのディーラーにメンテナンスを受けてください。
 
Q:e-208、SUV e-2008などのBEVは長期間走らせなかった場合、バッテリーが上がりますか?
A:トラクションバッテリー(走行用バッテリー)は長期間使用しなくても大きく減少することはありません。ただ、eRemoteControl(eリモートコントロール)は、車両を数日間放置した(運転しない)場合、機能が一旦停止します。その場合、12分以上運転後、車両をスリープさせ、しばらく待ってから再トライしてください。それでも再開しない場合は同じ手順を繰り返してください。
 
Q:e-208、SUV e-2008を購入するにあたり、やはり自宅に充電器が必要でしょうか?
A:必ずしも必要ではありません。近所の公共の充電設備や勤務先での充電など、さまざまな充電スポットを活用いただくことでスムーズにお乗りいただけます。ご自宅に設置環境が許されれば、200Vのコンセントタイプまたはウォールボックスの設置を推奨いたします。PSAJ指定の斡旋業者JMのサイトをチェック頂き、ご相談下さい。

https://www.matabee.com/peugeot/

※詳細はe-208、SUV e-2008に付属の取扱説明書をご覧ください。

PDFダウンロード 広報画像ダウンロード プレスキットダウンロード

関連情報