より大胆にSUVを主張するデザイン、 さらにアップした快適性とユーティリティ シトロエンの考える理想的コンパクトSUV、NEW C3 AIRCROSS SUV登場

Groupe PSA Japan株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 CEO:ポンタス・ヘグストロム)は、1125日(木)にコンパクトSUVC3 AIRCROSS SUVC3エアクロスSUV)を各種装備を充実させ新世代ブランドフェイスへとモデルチェンジいたしました。全国のシトロエン販売店にて発売いたします。

より力強いSUVらしいデザイン、より高まったコンフォート性能、
コンパクトSUVとしてシトロエン理想の一台に。

C3 AIRCROSS SUVC3エアクロスSUV)は、2017年末のグローバルローンチ以来、およそ33万台が生み出され、競争の激しいBセグメントのコンパクトSUVで存在感を示してきました。その現代シトロエンらしい主張のある魅力的なデザイン、クラスを超えた広々とした空間と、リアシートのスライドなどのモジュール性によるユーティリティの高さなどによって、このモデルは多くのお客さまに選ばれています。日本においてもそれは同様で、とりわけ街中での取り扱いしやすいサイズ感と個性的なデザインそして乗り心地が評価され、販売台数の伸長著しいBセグメントコンパクトSUVマーケットでの有力モデルとして好調を維持しています。

その勢いにさらに加速をつけるべく、シトロエンはデザインとユーティリティ、そしてコンフォート性能を磨き上げたNEW C3エアクロスSUVを日本市場に投入いたします。

• より個性的でSUVらしい、あたらしいフロントフェイス、LEDヘッドライトとディテール
• C5エアクロスSUV、NEW C3に続くアドバンストコンフォートシートの採用
• シートファブリックを貼り込んだ温かみのあるインテリアと収納スペースの強化
• あたらしいエクステリアカラーとカラーパック
• グレードはSHINEに統一、グリップコントロールなどを含むパッケージオプションを設定

エクステリア:より個性的でSUVらしい、あたらしいフロントフェイス、LEDヘッドライトとディテール

シトロエンの新デザインコードを採用したフロントフェイス
NEW C3エアクロスSUVは、フロントフェイスのデザインを一新することで、より主張の強い、タフネスを感じさせるSUVらしいデザインとなりました。2016年パリモーターショーでデビューしたコンセプトカー「CXPERIENCE」にインスパイアされ、2021年1月に日本で発売開始したNEW C3で初めて導入されたこの新デザインコードは、これからのシトロエンのシグネチャーを象徴するものであり、主張の強い、ブランド力のあるユニークなアイデンティティを備えています。

NEW C3同様、シトロエンのマークであるダブルシェブロンからサイドにV字状に伸びるクロームのラインは上がデイタイムライトへ、下はLEDヘッドライトへと繋がっています。グリルは内部ルーバーの縦方向のラインを強調した意匠とすることによって、よりボンネットの存在感を高めてSUVらしいタフネスを表現。フロントバンパー下部のスキッドプレートをイメージしたバンパーはより直線的なものとなり、こちらもモダンでよりSUV的なものとなっています。

20221125C3AIRCROSS_SUV08
リアデザインはこれまでのテイストを引き継いでいますが、リアクオーター部のベネチアンブラインド風の装飾を変更し、ブラックアウトしたルーフレールと相まって、全体としてよりシックな方向に変更されています。

20221125C3AIRCROSS_SUV019これら変更は、綿密なリサーチとこれからのシトロエンのデザインコードを高度に両立させることを目標に行われました。街中で、アウトドアでNEW C3エアクロスSUVの存在感をいままで以上に際立たせてくれることでしょう。

20221125C3AIRCROSS_SUV03.001

シート:C5エアクロスSUV、C3に続くアドバンストコンフォートシートの採用

移動の喜びに、自宅にいるような快適な空間を
インテリアの心地よさと実用性の高さはモダンシトロエンの重要なテーマであり、このNEW C3エアクロスSUVでもさらに一歩進められています。シトロエン・アドバンスト・コンフォート®プログラムにより、車内の快適性をさらに高め、移動の喜びにお客さまに自宅にいるような快適さをプラスした空間を提供いたします。

そのハイライトとなるのがクラス最高レベルの乗り心地、座り心地を実現するアドバンストコンフォートシートです。これはシート生地裏に特別なフォームを配することで、身体とシートの”当たり”感を改善したシートで、C5 AIRCROSS SUVで初導入され、続いてC3に搭載されて好評を得たコンセプトのものです。生地裏のフォームのボリュームも従来の2mmから15mmへと大幅にアップしたことでふっかりとした比類ない柔らかさを実現し、疲労につながる車体の微震動をシートが吸収します。また、クラスを超えた広くゆったりとしたサイズと身体保持能力により快適な運転姿勢を確保いたします。現代のフランス車にカスタマーが期待する快適性とホールド感を高い次元で両立させているシートと自負しています。また、前席ショルダー部分にはベージュのアクセントラインと、シェブロンを並べたような白いアクセントステッチが入ります。モダンでグラフィカルなデザインが視覚的にも心地よい居住空間を作っています。

20221125C3AIRCROSS_SUV012

20221125C3AIRCROSS_SUV02

インテリア&ユーティリティ:シートファブリックを貼り込んだ温かみのあるインテリアと収納スペースの強化

よりシックでモダンなインテリアにアップデート
リラックス感のあるデザイン性と実用性の高さで定評のあるインテリアもまた、さらに魅力を向上させるべくアップデートされました。ハイライトのひとつは、インストルメントパネルにシート生地と同じ杢グレー(霜降りグレー)のファブリックを貼り込み、シートと統一された温かみあるインテリアを構成していることでしょう。Metropolitan Graphite(メトロポリタングラファイト)と名付けられた質感の高いカラーリングが居心地の良さと、シックで現代的な雰囲気を醸し出しています。

20221125C3AIRCROSS_SUV02
※写真は欧州仕様車。日本仕様は右ハンドルになります。

20221125C3AIRCROSS_SUV013

また、センターコンソール部はあらたにクロームの装飾が施されています。パーキングブレーキ形状を変更し、変更にともなって生まれたスペースに2つのカップホルダーを新設いたしました。

NEW C3エアクロスSUVが誇る、BセグメントコンパクトSUVの印象を超えるユーティリティはそのまま踏襲されています。リアシートは6:4分割可倒式でさらにスライドとリクライニングが可能。また中央席はセンターアームレストとしても使うことができます。このリアシートは左右独立して動かすことができ、双方を最大まで前方にスライドさせるとクラス最大級となる520ℓのラゲッジルームが現れます。ラゲッジ下のフロアボード*は2段階の約12cmの高さ調整が可能で、折り畳んだシートバックの高さに合わせれば段差のない使いやすいスペースに。リアシートをすべて畳めば天井までの最大容量は1289ℓとこれもまたセグメント最大級です。さらに助手席を倒せば、セミロングのサーフボードまで収めることができる約2.4mもの余裕が生まれます。SUVでありながら、コンパクトミニバンのユーザーも満足するユーティリティを持ち合わせています。テールゲート下の無塗装樹脂バンパーと相まって遊びの道具として思う存分使えるデザインです。

20221125C3AIRCROSS_SUV01020221125C3AIRCROSS_SUV01420221125C3AIRCROSS_SUV015

グレード構成:あたらしいエクステリアカラーとカラーパック

新色のカーキグレー、ボルタイックブルー、ルージュペッパーを追加
エクステリアカラーも、デザインのアップデートにあわせて新色を追加いたしました。グリーンがかったシックなカーキグレー、彩度の高いボルタイックブルーとルージュペッパーをラインアップ。継続カラーのグリプラチナムとブランバンキーズを含めて全5色展開です。また、ドアミラーおよびフロントスキッドプレート部、リアクオーターパネルステッカーのアクセントカラーのカラーパックは、ブラックとホワイト※を用意いたしました。ブラックのカラーパックのリアクオーターガラスに施されたストライプ模様は、外側から見ると鏡面仕上げで、室内からはほぼクリアな視界を得ることができる特別なコーティングとなっています。後席に乗る人も明るい室内空間と移動中の景色を楽しむことができるでしょう。

※ブラックはブランバンキーズ、グリプラチナム、ルージュペッパーに設定
※ホワイトはカーキグレー、ボルタイックブルーに設定

20221125C3AIRCROSS_SUV031カーキグレー*

20221125C3AIRCROSS_SUV029ボルダイックブルー**

20221125C3AIRCROSS_SUV032ルージュペッパー**

20221125C3AIRCROSS_SUV028ブランバンキーズ

20221125C3AIRCROSS_SUV030グリプラチナム**

*特別塗装色(有料オプション¥24,800)
**特別塗装色(有料オプション¥49,500)

グレード構成はSHINEに統一し、モノグレード展開となります。パッケージオプションとして
新デザイン17インチアロイホイール(SHINEは新デザイン16インチアロイホイール)、グリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)、スノーフレークマーク付きマッド&スノータイヤ(ブリヂストンWEATHER CONTROL 215/50 R17)、パノラミックサンルーフ、LEDのフロント&リアシーリングランプ、HiFiスピーカーのセットを用意いたしました。

グリップコントロールは、シトロエンが、ラリーフィールドで培った駆動力制御、車輌運動制御のノウハウを活用したトラクションコントロールの進化版ともいえる機能です。路面状況に合わせて様々なアルゴリズムを組み合わせ、パワートレインの出力特性やブレーキを統合制御しタイヤのグリップの最大化とトラクションの最適化をおこないます。キャンプ、スノーボード、スキー、サーフィンなどのアクティビティでの行動力をさらに高め、目的地までの悪路の移動における安心感を増してくれることでしょう。

NEW C3エアクロスSUVは、あらゆる要素をさらに磨き込み、このセグメントに期待されるものを実現しています。乗る人のライフスタイルを拡張する、より個性的なモデルへとアップデートされたことで、ユーティリティに優れた街でのコンパクトカーを欲する方にも、より冒険心と遊び心を求めるSUVユーザーにとっても理想的な選択となるでしょう。

ボディサイズ
モデル名 全長 全幅 全高 ホイールベース 車輌重量
NEW C3 AIRCROSS SUV
SHINE
4160mm 1765mm 1630mm 2605mm 1290kg
NEW C3 AIRCROSS SUV
SHINE PACKAGE
1320kg
 
グレード構成
モデル名 ボディ ドライブトレイン トランスミッション 税込価格
NEW C3 AIRCROSS SUV
SHINE
5ドア SUV 1.2ℓ直列3気筒ターボ
96kW/5,500rpm(130ps)
230Nm/1,750rpm
6速オートマチック
EAT6
2,935,000円
NEW C3 AIRCROSS SUV
SHINE パッケージ
3,180,000円

 

20221125C3AIRCROSS_SUV01120221125C3AIRCROSS_SUV0520221125C3AIRCROSS_SUV0920221125C3AIRCROSS_SUV0620221125C3AIRCROSS_SUV07※写真は一部欧州仕様車が含まれます。

シトロエンについて

1919 年の創業以来、インターナショナルなフルライン自動車ブランドとして、堂々と、そしてクリエイティブなアプローチでつねにマーケットに臨んできたのがシトロエンです。個性溢れる特徴的なデザインとコンフォート性と先進技術によって自動車のある幸せなライフスタイルの提案をするシトロエンの各車を通じて自動車産業に新たな風を吹かせています。クルマに乗る人々とそのライフスタイルを真の意味で反映させたプロダクトを提供することを使命としており、ブランドのタグライン“Inspired by You”には、このフィロソフィーが込められています。シトロエンの製品は80近い国々で販売されており、2018年にはおよそ105万台の販売数を記録いたしました。また、国内販売は5年連続純増と好調に推移しており、ブランド創立100周年を迎えた2019年度は、前年比120.6%の国内販売4068台を記録。翌2020年度は22.2%増で4,970台となりました。2021年度は第1四半期の累計販売台数が1,705台(対前年比149.8%)となり、こちらも日本におけるシトロエンブランドの第1四半期の販売新記録となっています。

PRESS CONTACTS

Groupe PSA Japan株式会社 広報室
pr@groupepsajapan.jp

報道関係者お問合わせ先
Groupe PSA Japan広報サポート 株式会社プラップ・ジャパン(担当:上野・宮田・平松)
TEL: 03-4580-9102 / FAX: 03-4580-9128
psa_pr@prap.co.jp

報道関係以外のお問い合わせ
シトロエン コール TEL:0120-55-4106

PDFダウンロード 広報画像ダウンロード プレスキットダウンロード

関連情報