RIFTERの自由さとオーナーのアウトドアマインドを さらに拡張する 純正エアフレームカーサイドタープ発売

Groupe PSA Japan株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:トマ・ビルコ)は、12月3日(木)よりPEUGEOT(プジョー)ブランドの純正カーサイドタープを発売いたします。さきにカタログモデルが発売されたRIFTER(リフター)に対応する日本独自企画の純正エアフレームカーサイドタープで全国のプジョー正規ディーラーにてお求めいただけます。
この「カーサイドタープ」(エアフレーム・リビングシェルター)は、プジョーRIFTER(リフター)のカタログモデル国内発売に合わせ、Groupe PSA Japanが独自に企画したプジョー純正アクセサリーです。アウトドアアクティビティにおける、リフターとオーナーの可能性をさらに拡張すべく企画されました。独自のエアチューブ構造のフレームとなっており、付属のダブルアクションフロアエアポンプで空気を注入するだけで、強固な自立型タープが完成します。一般的なカーサイドタープと異なり金属フレームを使っていないため、設営、撤収が素早く行える点が大きな特長の一つです。

20201203_RIFTER_CarSideTarp001写真のテーブル、チェア、食器、およびタープ出入り口に使用しているポール、ロープは付属しません。

リフターのサイドスライドドアにぴったりとフィット。他車種でも取り付け可能

タープ設営時のサイズは底面サイズ約2500mm×2500mm、高さは約1800mm。タープは複数のベルトで固定され、接合部車体下部にはカバーシートが付属するため、外気の侵入を緩和いたします。

このカーサイドタープはリフターのサイドスライドドアにぴったりとフィットするようになっており、デザイン、使い勝手などアウトドアライフをよりアクティブに楽しめるように設計されています。リフターに適合するように設計されていますが、接合部分は汎用性を持たせてあります。そのため、SUV 3008、SUV 5008、SUV 2008(先代モデル含む)はもちろん、208(先代モデル含む)、308HB、308 SW508 SWなどでもご使用が可能です。また、サイズ等をご確認いただければ、セダンタイプ、クーペタイプをのぞく他社車輌でもご使用いただけます。

20201203_RIFTER_CarSideTarp003

また、左右サイドスライドドアのみならず、リアゲートに取付けることも可能です。カーサイドタープ展開時の駐車スペースや荷物の出し入れなどユーザーの都合と好みにあわせた活用ができるように配慮いたしました。

20201203_RIFTER_CarSideTarp002

エアフレーム構造で重量わずか約9.2kg。収納時もスペースを犠牲にしないコンパクトさ。

エアフレーム構造で金属フレームを持たないことにより、収納時もコンパクト。付属の収納バッグに入れた際のサイズはわずか約340mm×340mm×530mm、重量約9.2kg。アウトドアアクティビティで気になる収納スペースへの影響も少なくすむように配慮されています。

プジョー純正カーサイドタープ詳細

適合車種:プジョーリフター(Debut Edition、カタログモデル全車)、SUV 3008、SUV 5008、SUV 2008(先代モデル含む)、208(先代モデル含む)、308HB、308 SW、508 SW

価格:95,000円(税込)

付属品:専用収納袋、手動式エアポンプ(1 式)、ペグ(20 本)、ロープ(3.5m x 2 本)、雨天用テンションロープ、コネクションカバー&シート(1 式)、補修キット(パッチ、接着剤、リペアシート)、エンブレム

素材:タープ素材/ポリエステル65D、表面/UVカット+撥水加工、生地/ファブリック、生地内面/PUコーティング、耐水圧/3000mm

備考:
本製品は「タープ」です。テントは定義としては床のある就寝を前提とした商品となり、本製品には床は付属しません。リビング的な使い方を前提としています。

タープ設営後に車輌を動かすことはできません。本製品は車両と接続して使用することを大前提として設計されています。

タープ出入り口のポールおよびロープ(張り綱)は付属しておりません。アウトドア用品店等で市販品をお求めください。タープの出入り口は正面と背面の2箇所ありますので、両方の出入り口を開放する場合はポール4本(片面のみ解放の場合は2本)、ロープは必要に応じた本数をお買い求めください。なお、商品画像のポールの全長は2mのものを使用しています。

カーサイドタープに関するお問い合わせは
全国のプジョー正規ディーラーにお願いします。
https://web.peugeot.co.jp/dealers-list/

PEUGEOT Press Contact

https://newsroom.groupepsajapan.jp/peugeot

Groupe PSA Japan株式会社
広報室
/ TEL:03-6412-7362 / pr@groupepsajapan.jp
報道関係以外のお問い合わせ / プジョーコール TEL:0120-840-240

PEUGEOT
2020年の今年、プジョーはブランド創立210周年を迎えました。顧客へのブランドのコミットメントは、爽快で情熱に満ちたドライビング、個性的なデザイン、そして妥協のない品質を示しています。これらのDNAは、プジョーの全てのモデルに注がれています。プジョーは世界へ向けて多彩な商品を提供するメインストリーム・ブランドを目指し、緻密なデザイン、高い品質水準、そしてエモーションを融合しています。1889年に始まったブランドの歴史は、2017年ダカールラリーにおける3008DKR の歴史的な1-2-3 フィニッシュによって新たな栄誉を獲得、2018年も総合優勝を果たし3連覇を達成。UNBORING THE FUTUREの新ブランドタグラインは、テクノロジーに支配されるのではなく、未来においても感動に溢れたクルマ創りを続けていくというプジョーの決意を表しています。

PDFダウンロード 広報画像ダウンロード プレスキットダウンロード

関連情報